検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

ブログ1684日目です。

2016.03.25
今日も賑やかな@ホームです。

『みる』
見・観・診・視・看・瞻
これらの漢字はみるという意味を持つ
発音は同じだけど行動としては違う。
見方を変化させるときに利用してみてください。
みるものも変化をしていくようになると思う。
変化をみるのは、とても大事なこと。

本日のプログラムは、
午前中は木村くんP
自分探し。プログラムに参加していないので、
内容は分かりませんが、
自分を探すのには、自分をみることが第一歩だと思う。
みかたについて、
ウィンストン・チャーチル(イギリスの政治家)は、
「後ろを振り返るほど、未来がよく見える」と言った。
この言葉を、自分をみるに当てはめて考えること、
後ろとは過去のこと。
過去において自分は何ができていたのかがわかる。
それは未来においても変わらないはず。
過去を明確にみることで、
未来における最低限の自分の状態が見える。
過去に出来たことは未来でもできる。
後ろを振り返るほどの”ほど”の部分が大切になる。
より明確に振り返らないと、
間違った未来を見据える事になる。

午後は春探し
外に散歩に行きました。
春をさがすのは冬からの変化を見つけること。
季節は四季と4つに分けることが多い。
他には、
24節気と分ける場合がある。立春・大暑・秋分・冬至などがそれにあたる。
もっと細かいのは、72候で約5日ごとに季節が変化する。
幽かな季節感を感じている人もいるみたいです。
変化をみると学ぶことが多くなる。

トマトが嫌いで食べられない男でした。

スポンサーサイト